So-net無料ブログ作成

ナルト ネタバレ 602 確定

ナルト ネタバレ 最新 602 確定 画像 画バレ ネタバレ。

岩の下敷きとなって死んでいたと思っていたオビト(トビ)が片目を開くと年老いた写輪眼をもつ老人がいた。

若き日のオビト「ここは・・・?」写輪眼を持つ老人「あの世との狭間だ・・・ うちはの者よ」ナルト漫画602話が出る前に最新601話「オビトとマダラ」から最新確定ネタバレ(画バレ無)。

五影と戦闘中だったはずのマダラがナルト達の戦いの場所に突如あらわれた。

オビト「穢土転生の術に逆らうとはアンタだな」ナルト達は五影と戦っているはずのマダラが自分たちのところに来たことによって気づく。

怒りを表わしながらナルトはマダラにツナデ達五影をどうしたのか叫び攻撃する。

マダラ「さあなおそらく無事ではあるまいな」と言い放つ。

それから次のコマ、五影全員が身動き一つせずに倒れている姿だけがある。

かすかに息のあるツナデが震える手、指先と流れた自身の血を使用して口寄せの術でカツユを呼び出す。

カツユ「今すぐ体をくっつけて・・・」体が二つに切れ死ぬ寸前のツナデを治そうとするカツユに対してツナデ「違う、私の半身は後で・・・いい、それより、私の所へ影達を私ならまだ救える・・・」場面がナルト、カカシ、ガイ対オビト、マダラのところへ行き。

オビトが呪印の鎖を巻くよりも早くナルトが八尾の複数の足に刺された杭を取り、八尾が動けるようになる。

オビトがマダラに巨大なうちわを渡す「そいつは返す、アンタのものだ」ナルトが八尾に刺さった呪印の杭を抜くと同時にそれでオビト、マダラを攻撃するが、マダラが身動きせずにチャクラだけで攻撃を簡単に防ぐ。

マダラ「オビト 八尾も九尾も入れ込む前に中途半端に計画をスタートしたのか」穢土転生により復活したばかりのマダラがなぜ知っているのかとマダラとオビトの言葉に驚くカカシ達。

カカシ「計画を知っているとはこいつらの関係は」マダラ「焦ったなオビト オレをこんな姿で復活させたのもそうか」無言で傷が治っていくオビト。

マダラ「まあお前の事だ何か考えがあるんだろうが 今まで何をやっていた 長門はどうした?時を見計らい輪廻転生の術でオレがよみがえるそういう手筈だったハズだ」その会話を聞きナルトは長門の外道輪廻転生の術をおもいだした。

長門の瞳力は生死を司る術、7人目のペイン外道。

ナルト「長門を利用しようとしていたのか」オビト「奴(長門)は裏切った、その術で里の者どもを」マダラ「どいつもこいつも まあいい 今からでも遅くはない 八尾と九尾はオレが獲る!」ナルト「死んでいる奴がひっかき回すな!」小さな尾獣玉でマダラを攻撃しようとするけれど軽く防がれる。

防がれうちは返しで吹っ飛ばされたナルトの影分身は消えてしまう。

マダラ「オレが八尾と九尾をやる オビトお前はこいつらをやれ」カカシ「オビトお前に何があったんだ?どうしてあんなやつと!?」オビトの回想で暗闇の中、岩の下敷きになり自分は死んだと思っていたオビト。

残った眼を開けることができて包帯まみれの自身の前の小さな部屋の中、写輪眼をもつ白髪の老人があった。

10数年前のオビト「ここは?」白髪のマダラ「あの世との狭間だ うちはの者よ」ここでナルトの最新601話確定ネタバレが終わり602話へと続きます。

602話のナルトを取得したらすぐにネタバレ書きます。



共通テーマ:芸能
サプリメントダイエット

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。